夫婦のための自己破産ガイド~借金早期解決のために~

夫婦のための自己破産ガイド~借金早期解決のために~

夫婦のための自己破産ガイド~借金早期解決のために~

夫が借金の返済をできずに自己破産をすると、妻の立場はどうなるのかという問題が生じます。

 

借金の理由

借金の理由が

  • パチンコや競馬などのギャンブル
  • FXや商品先物取引などの投資

などであれば、妻に夫の借金の返済の義務はないので、そのままの生活を続けることができます。

 

ただし、夫の借金が家賃や食費、被服費などの生活費のためのものであるなら、妻にも共同で返済する義務があります

 

夫婦で連帯保証人になっている場合

また、借金の理由がどうであれ、妻が連帯保証人になっていた場合は、夫と同等の返済義務を有することになります。この場合、仮に離婚したとしても、返済の義務が消えるわけではありません。

 

従って、夫婦ともに借金の返済が全く不能であれば、一緒に自己破産することを検討すべきです。

 

夫婦ともに自己破産する場合

なお、夫婦が一緒に自己破産を申し立てる場合は、添付すべき書類が省略されたり、予納金の支払いにおいて2人分をまとめて処理してくれたりするケースがあります。

 

そのため、別々に申し立てをするよりも同時に申し立てをした方が、金銭面や手続き面でも有利になることがあります。

 

特に、自己破産の処理が少額管財や管財事件となった場合、東京地方裁判所では破産管財人の費用として最低でも20万円が必要となりますが、夫婦が一緒に申し立てた場合は、夫婦2人分をまとめて20万円の納入で了承されるケースが多くなっています。

 

夫婦で借金問題を解決するために

自己破産以外の方法がないか?

債務整理は他にも手段があるので、自己破産以外の道がないか?調べてみましょう。
無料・匿名で診断出来ます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

 

専門家に相談する

次に、弁護士や司法書士に相談に行くことをおすすめします。
費用が心配な方は、無料相談を利用すれば、金銭的にも精神的にもかなりラクになると思います。