個人再生をしたらクレジットカードは持てなくなるの?

個人再生をしたらクレジットカードは持てなくなるの?

色々な債務整理の方法がありますが、その中でも個人再生は2001年に制度がスタートした、新しい債務整理になります。

 

個人再生は自己破産のように、それまで作った借金がゼロになるという事はありませんが、大幅に借金の額を減額できる制度となっています。

 

個人再生では通常、3年で返済する計画を立て、それに見合った額の返済を行うのが特徴です。
例えば500万円の借金がある方が、3年で200万円を返済するという計画を立て、裁判所がこの計画を認め、実際に3年で全て返済できれば
300万円の借金は、支払わなくて済むのです。

 

個人再生は任意整理では、とても借金を返済する事はできないが、自己破産はしたくないという方にぴったりの債務整理と言われています。

 

こう聞くと個人再生はメリットの多い制度のように思えますが、はやりデメリットもある為、注意しましょう。

 

個人再生をすると、まず官報に個人再生した事が記載されます。
官報は第三者が見る事ができるので、他人に知られてしまう恐れはゼロではありません。

 

また信用情報機関にも、載ってしまうというデメリットが挙げられます。
信用情報機関、いわゆるブラックリストに載ってしまう事で、ローンを組めない・クレジットカードが作れません。

 

個人再生をする場合、これらの点を踏まえた上で考えましょう。