ハードシップ免責とは?※初心者でもわかる個人再生

ハードシップ免責とは?※初心者でもわかる個人再生

ハードシップ免責とは?※初心者でもわかる個人再生

個人再生の適用が正式に開始になったら、債務者は債権者に対して再生計画の通りに3年かけて残額の借金を返済していきます。

 

しかし再生期間中に債務者に何らかの生活状況の変化があって、経済的に立ち行かなくなった場合、残りの債務の返済が免除になるケースがあります。

 

これをハードシップ免責と言いますが、再生計画をどんなに変更しても極めて返済が困難になった場合のみに認可されるものなので、よほどの理由がない限りは適用が難しいです。

 

例えば、

  • 再生計画後に長期療養が必要な疾病に罹ってしまった場合
  • リストラによる失業で再就職を試みたがどうしても定職が見つからない状況

などの特例に対して免責が受けられます。

 

返済できない場合はまず交渉

また、ハードシップ免責を受けることによって、債権者の利益にダメージを著しく与えるものでない事が重要です。

 

長期の病気や無職状態で支払いが今すぐ困難でも、債権者との話し合いで再生計画期限を延ばせる場合もあるので、出来る限り交渉するのがお勧めです。

 

ハードシップ免責の条件

ハードシップ免責を受けるには、債務者が債権者に対して、借金総額の4分の3以上を返済し終わっている事が第一条件です。

 

ハードシップ免責は、自己破産にならずに、残りの債務が免除になる点が唯一のメリットです。

 

ハードシップ免責の手続き費用

ハードシップ免責の手続き費用は、収入印紙代の600円程度と非常に安いです。

 

裁判所はこの免責手続きに対して、債権者に意見を聞いた上、反論がない場合に免責を許可する形になります。

 

ハードシップ免責が認められない場合は、自己破産の手続きをすることになる場合が多いです。