任意整理と破産の違いって何?~任意整理を解説~

任意整理と破産の違いって何?~任意整理を解説~

任意整理と破産の違いについて

借金がなかなか返済できないという人は、悩んでばかりいても仕方ありません。
司直の手を借りるというのも、またひとつの解決方法です。
そんな借金解決方法で挙げられるのが、自己破産と任意整理です。
自己破産と比べると、任意整理には以下のような違いがあります。

 

まずは、借金を劇的に減らせるわけではないということ。
任意整理というのは、あくまでも借金の利息分だけをチャラにしたり、毎月の支払い金額を減らしてもらったりするなどしてもらう解決方法のことです。
多額の借金であれば、利息だけ減ったとしても大きなことですが、それでも元金は支払わなければなりません。
毎月の支払い金額を減らしてもらったとしても、結局支払い回数は増えるわけです。
一方自己破産であれば、全ての借金をチャラにすることが出来ますので、この違いは大きいです。

 

そして、貸金業者が応じない場合も多いということです。
自己破産の場合には、裁判所の手を借りますが、任意整理の場合裁判所は関与しません。
あくまでも当事者同士(そこに弁護士や司法書士は介在しますが)で問題解決を図るという趣旨です。
ですので、貸金業者がそれに応じるか応じないかというのは、貸金業者しだいということになります。
別に応じる義務はありません。