破産宣告デメリットについて自己破産する前に無料相談

破産宣告デメリットについて自己破産する前に無料相談

破産宣告デメリットについて自己破産する前に無料相談

破産宣告後は借金が帳消しになり新しい生活をおくれるんだ!と期待している人がいればそれば大きな間違いです。確かに破産宣告後は借金の支払いが免除になるというメリットがあるものの、生活の様々なところで影響を受けるため、デメリットも多いのが特徴です。
破産宣告後の生活で大きな影響を受けるのは財産が没収されるというポイントです。持ち家や土地を所有している場合は全て失います。また20万円を超える預貯金や株券、99万円以上の現金があった場合も同様に没収されます。そして家具や車も差し押さえの対象となるため、これまでの生活が一変するほどの影響を受けるのです。
自分の財産をほとんど失ってしまうというデメリットだけでもかなり申告ですが、更に破産宣告後はブラックリストに名前が掲載されてしまうためクレジットカードの作成やローンの申込は難しくなります。更に引越しをする時や長期的な旅行に行く時などにいちいち裁判所に許可を求める必要があるため、普通の人が普通に行える様々な行動を制限されてしまうのです。
破産を行うと借金がなくなるため生活が楽になると思いがちですが、社会的信用を失うということは生活の端々にまで悪影響をもたらすということを理解しておく必要があります。
自己破産を行っても戸籍に履歴が残ることはありませんが、官報と呼ばれる国が発行している広報誌に名前が記載されるため、調べようと思えば自分が破産している事実は他社に分かってしまいます。
安易に破産を受けるのではなく、充分破産宣告後の生活への影響を考慮した上で自己破産という選択を行いましょう。