破産宣告後これまでとの違い※自己破産が本当に正しい?

破産宣告後これまでとの違い※自己破産が本当に正しい?

破産宣告後これまでとの違い※自己破産が本当に正しい?

破産宣告をすると、信用情報機関に登録されます。
そのため、破産宣告をして自己破産をすると、数年間はクレジットカードを作ることはできません。
信販会社に申し込みをしても、信用情報機関に照会しますから、審査で落とされることになります。
しかしクレジットカードがないと、生活は不便です。
公共料金や携帯電話の支払いをカードですることはできませんし、通販などでも利用しにくくなります。
数年間はクレジットカードが作れないので、破産宣告前にクレジットカードを持っていなかった人は、不便な生活を強いられることになるのです。
しかし、破産宣告後のクレジットカードが作れない生活は、デビットカードを作ることによって解決できます。
デビットカードはクレジットカードと違い、1回払いのみです。
デビットカードでの支払いと同時に口座からお金を引き落とされるので、クレジットカードとは違います。
ですから、クレジットカードとは違って年齢制限さえクリアすれば、デビットカードは誰でも持つことが可能なカードです。
破産宣告をして信用情報機関に登録されていても、デビットカードなら作ることができます。
デビットカードでも通常のクレジットカードと同じように使えますし、公共料金や携帯代などの月額料金も支払うことが可能です。
クレジットカードとの違いを意識することはありませんから、破産生活後の生活に不便を感じるなら、デビットカードを申し込んで作るようにしましょう。