破産宣告についての費用は?※自己破産失敗しない方法

破産宣告についての費用は?※自己破産失敗しない方法

破産宣告についての費用は?※自己破産失敗しない方法

自己破産をすれば、それにより借金の返済義務がなくなると、簡単に考える人もいるでしょう。
ですが、破産宣告をしても免責されない借金というのも存在します。
それは、ギャンブルや、浪費によって出来た借金です。
借金をして高級料理店を食べ歩いていた、ブランド品や高価なアクセサリーの購入費用に使っていたといった場合は、浪費の為の使用とみなされ、免責されない事が一般的です。
破産宣告は可能ですが、免責を受けない事には、借金の返済義務はなくなりません。
ですから、自己破産をして、借金返済から解放されたいと考えた場合、これまで借りたお金を何に使っていたかを意識しておく事が重要になってきます。
ただ、ギャンブルや浪費が影響するのは、裁判所が絡む債務整理を行った場合です。
任意整理の場合、裁判所は利用せず、弁護士や司法書士、もしくは任意整理を行なう個人が、直接、金融業者に対して交渉を行なう事になります。
ですから、借入をした理由は影響しません。
その為、ギャンブルや浪費が原因の借金であっても、任意整理の対象となります。
任意整理は、借金の返済義務は残りますが、これから先の利息をカットして貰えるように交渉をしていくので、毎月の返済が楽になるので、自己破産で免責の可能性がない借金がある場合は考えてみると良いでしょう。
破産宣告をすれば、それだけで借金の返済義務がなくなると考える人は少なくありません。
ですが、ギャンブルや浪費による借金は免責されない事を、覚えておく必要があります。