破産宣告したら官報に名前が!※無料相談で悩み解決

破産宣告したら官報に名前が!※無料相談で悩み解決

破産宣告したら官報に名前が!※無料相談で悩み解決

破産宣告を行って免責を受けることができれば、法的に全ての借金を清算することができますが、当然ながらそれだけ大きなメリットが受けられる以上、自己破産にはいくつかのデメリットも伴います。
破産宣告を行うことによるデメリットとしては、財産を有している場合は処分されてしまうこと、一部の職業に就けなくなること、そして信用情報機関に事故情報が登録されることと官報への掲載が挙げられます。
財産の処分に関しては、全ての借金をゼロにする以上当然の措置であると言えますが、個人で破産宣告を行うような状況の場合、処分されるような財産を有しているケースは稀であるのが現実で、デメリットとはならないことが大半です。
また、弁護士や税理士等の職業制限に関しても、長期間ではなく破産手続き中に限っての話なので大きな問題とはなりません。
そして、官報に関しても情報量が膨大である為、身近な人に自己破産の事実が知られてしまうリスクは大変軽微です。
このような事情から、多くの人にとって影響のある唯一のデメリットは、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことによるクレジット、ローンの利用制限ということになりますが、これは裏を返せば自己破産後に再び借金をしてしまうリスクを回避できるメリットであると捉えることができます。
破産宣告による免責を一度受けると、その後7年は再び免責を受けることはできないと定められているので、7年から10年程度の期間借金に制限が課されるこの措置は、自己破産者のその後の生活を守ってくれる妥当な措置であると言えます。