破産宣告してから免責までの知識※手続き方法無料相談

破産宣告してから免責までの知識※手続き方法無料相談

破産宣告してから免責までの知識※手続き方法無料相談

人生における大きな試練だけでなく精神的にも大きな痛手を追う破産宣告。同じ金銭的な法的手続きでも、過去にキャッシングしたさいに生じた過払いの利息や未来の支払いに生じる利息等を減額する任意整理と異なり、破産宣告つまり自己破産は裁判所に申し立てをする法的手続きであるため、住所や氏名が官報に記載されることは避けられません。
インターネットが普及するまで、官報は印刷された紙媒体のみであったため、購入等の費用を含めて閲覧するための労力がかかるため、あまり破産宣告したことが外部に漏れることがありませんでした。しかしながら、昨今ではインターネット版の官報が無料で閲覧できるため、場合によっては身近な人に知られてしまうケースもあります。
ちなみに、官報には破産にかんする次のような公告がなされます。破産手続き開始や破産手続き廃止および免責許可申し立てにかんする意見申述期間、免責許可などです。これら自己破産を含めた破産関係や会社更生関係といったものが掲載されます。
官報そのものは行政機関の休日を除いて毎日発行されていますが、インターネット版においても最新発行日から過去30日分は無料で閲覧することが可能です。そのため、過去に比べて飛躍的に破産宣告を特定することが容易となりました。
破産宣告した後、インターネット版官報に氏名等が公開されて30日後もGoogleやYahoo!等の検索エンジンで検索対象になっている場合は、プライバシー保護の観点からも、削除依頼することをおすすめします。