債務整理の条件※債務整理が出来る人・出来ない人の違いは?

債務整理の条件※債務整理が出来る人・出来ない人の違いは?

債務整理の条件~出来る?出来ない?~

借金解決シミュレーション
債務整理シュミレーター 債務整理シュミレーターなら24時間・匿名無料であなたのあらゆる疑問を解決!
弁護士事務所が運営するツールなので安心&安全。3つの質問に答えるだけでOKだからすぐに解決♪

>>費用をチェック

いくら減額できるかわかる 最適な債務整理がわかる

>>過払い金シミュレーション

>>改善方法アドバイス

>>無料診断はこちら

 

債務整理するとどうなるの?

現代の社会では消費者を保護するため、様々な制度がつくられるようになっています。
そうした現代の社会で、消費者の債務問題を解決するために作られてきた制度が「債務整理」とよばれるものです。

 

債務整理すると、その人の状況にはよりますが債務が軽減されたり、返済に猶予が付けられたりと言ったようなメリットがあります
もちろん無条件で誰でも利用できるものではなく、その方法によっては裁判所などの公的機関を利用する必要があるケースもあります。
このページではそれぞれの債務整理でどんな条件があるのか説明していきます。

 

債務整理の手段と条件

任意整理

任意整理は裁判所を通す必要がなく、債務者と債権者が話し合い借金を減額する手続きです。
債権者と直接交渉することになるので、弁護士や司法書士に依頼したほうが話し合いがうまく進むと言われています。

任意整理の条件
  • 任意整理後の減額された借金を返済するための安定収入があること
  • 今後も返済を継続していく意思があること

任意整理の相談ならこちら

 

特定調停

特定調停は、任意整理とほぼ同じですが、裁判所を通す手続きになります。

  • 特別調停後の減額された借金を返済するための安定収入があること
  • 今後も返済を継続していく意思があること

特別調停の相談ならこちら

 

個人再生

個人再生は、借金を大幅に減額し3年間で返済していく計画をたてます(個人再生計画案)
計画通り返済できた場合、残りの借金が免除になります。
※借金の大幅減額、マイホームを残すことができます。

個人再生の条件
  • 住宅ローンを除く借金総額が5000万以下であること
  • 一定の収入が継続してあること(見込み可能)

個人再生の相談ならこちら

 

自己破産

自己破産は、借金全額をチャラにする手続きです。
しかし、マイホームや車なども含めて保有財産に制限が出てきてしまいます。

自己破産の条件
  • 返済の支払いが不能と認められること
  • 過去7年間に自己破産をしていないこと

自己破産の相談ならこちら

 

債務整理後の生活について

債務整理すると、その後の生活はどうなるのでしょうか。
まず何よりも大きな違いとなるのが「借金に追われる生活が和らぐ、もしくは解放される」ということです。
債務整理によって借金の減額があったのであれば返済は楽になりますし、自己破産などで債務を免除してもらったのであれば、返済の必要はなくなります。
借金に追われて日々の生活もままならないというような人にとって、これは非常に大きな違いとなるでしょう。

 

一方、忘れてはならない違いとなるのが「金融事故の情報が記録される」ということです。
債務整理すると、その情報は個人の信用情報に数年間残り続けます。
そしてその情報が残っている限りは、ほとんどの消費者金融や銀行などから融資を受けられなくなってしまいます。
これはクレジットカードも同様ですから、日常生活の金融や支払いと言う面についてはかなり大きな制約が付くこととなるでしょう。
債務整理は確かにメリットも大きいのですが、それと同様にペナルティもあるものだということをしっかり理解しておきましょう。

 

~借金解決のために~


借金解決のためには、債務整理でどんなことができるのかということと、自身が今どんな状況に置かれているかを知る必要があります。
そして最も良い方法は借金問題の専門家でもある弁護士に相談して借金問題を解決することです。

 

債務整理は借金を減額・免責してもらえたりする魅力がある反面、その分多くの交渉と手続きを必要とします。
弁護士は借金解決への糸口を示してくれるだけでなく、実際にそういった交渉や手続きを依頼者の代わりに引き受けてくれます。

 

また最近では電話やメールから無料で相談できる事務所も増えています。
ですので『弁護士に相談するのはハードルが高そう』とお思いの方も、まずはお気軽にご相談することをおすすめします。

 

無料相談できる サルート法律事務所

借金の相談なら弁護士法人・サルート法律事務所へ

サルート法律事務所

サルート法律事務所メール相談

サルート法律事務所電話相談


■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

安心の経験・実績を持つ弁護士事務所です。

  • 365日24時間・全国対応
  • メール・電話相談無料
  • 即日取立ストップ可能
  • 初期費用0円

>>サルート法律事務所に相談をしてみる

消費者金融などと借入契約を結ぶ場合、借入額が小額であれば保証人なども必要ありませんし消費者金融と利用者の契約になるわけですから、貸付条件を満たしていれば他人の同意などは必要なく、気軽にお金を借りる事が出来るのです。取引明細なども、毎月消費者金融に受け取りに行く事が出来れば自宅へ送られてくる事がありませんから、家族に知られずに借金をする事が出来るのです。家族に秘密でお金を借りていても、返済出来るのならば良いのですが滞納している場合自宅に連絡が来たり、応答せず放置してしまった場合は回収の為に訪問に来るのです。これらの事で、パートナーに借金があるという事が発覚するというケースが多いのです夫や妻の同意なしにお金を借りていたとしても借入契約は借入契約ですから、少しずつでも返済していかなくてはならないのです。発覚した借金の額がそこまで多くないけど、返済するとなると厳しい、という場合は任意整理を行い、利息を削ってもらったり返済額を少なくしてもらうなどすると良いでしょう。任意整理を行なった事で、借金を大幅に減額してもらう事に成功したという方も多いのです。思わぬ借金が発覚した場合、債務整理という選択肢の中から適切な方法で手続きを行なうべきであります。