自己破産ができない時は諦める?※弁護士事務所の選び方

自己破産ができない時は諦める?※弁護士事務所の選び方

自己破産ができない時は諦める?※弁護士事務所の選び方

債務整理の方法には何種類かありますが、代表的なものは任意整理と自己破産です。任意整理は、債務を一定の期限を決めて分割返済するもので、自己破産は裁判所に破産宣告をし、債務を帳消しにしてもらうものです。ところで自己破産をする場合に、同時廃止という言葉が一緒に使われることがあります。この同時廃止というのは、どのようなものなのでしょうか。
通常、自己破産の手続きをする場合は、破産管財人が選ばれます。管財人が破産手続きを開始して、その人の資産を清算し、換金して債権者に分配することになります。しかし、個人での破産の場合は、資産がないことが多いので、破産管財人が必要とされず、破産手続き開始の時点で、管財人による破産手続が廃止されます。このため同時廃止と呼ばれるのです。破産管財人が選ばれない場合は、破産手続申立開始と免責許可申立という、2つの申立が一緒に行われることになります。個人の場合、免責が下りやすいのは、資産がない場合が多く、そのため免責許可申立が早く行われるからなのです。もちろん法人の場合や、個人でも多少資産があった場合は、もう少し複雑になりますし、免責が下りるのにも時間がかかるようになります。
また、自己破産をする場合は、2回以上はできないと思ってください。もちろん破産宣告自体は何度もできますが、回を重ねるごとに免責が下りにくくなり、結局破産をしても、全額返済しなければならなくなります。どうしても収入が少なくて返済がしづらい場合の策ととらえ、その後は借金に頼らない生活をするように心がけましょう。