自己破産した人の車ローンと手続き方法とは?※無料相談

自己破産した人の車ローンと手続き方法とは?※無料相談

自己破産した人の車ローンと手続き方法とは?※無料相談

自己破産する時に、自動車が処分されるかどうかは車ローンなどの状況によります。
車ローンが残っていない場合は、自動車の時価が20万円を超えていると処分されます。20万円以下の場合は、所持できます。
これは、自己破産する時に20万円以上の価値のあるものは全て手放して、債権者への支払いにあてるためです。
自動車が生活する上で欠かせないと裁判所に認めてもらえると、20万円を超えている場合でも維持することができる場合があります。
車ローンが残っている場合は、通常ローンを払い終えるまでは自動車の所有権がローン会社にあります。自動車そのものは、ローン会社に持って行かれます。
車ローンだけ支払い続けて自動車を所持し続けることは、基本的にできません。一部の債権者にだけ支払い続けることは、法律で禁止されているからです。
車ローンが残っている状態で、自動車を維持するためには本人以外の第三者に払ってもらう方法と、第三者に買取ってもらう方法があります。
本人以外の第三社に自動車ローンを支払ってもらう場合は、債権者の同意と協力してくれる第三者が必要です。
第三者に買取ってもらう場合は、第三者から自動車を借りるという形になります。こちらの方法も債権者の同意と協力してくれる第三者が必要になります。
自己破産して自動車が処分されずに維持するためには、いくつかの条件を満たす必要がありますので、自己破産する場合は良く調べてからにしましょう。