自己破産の費用~安い方法はある?~※自己破産ガイド

自己破産の費用~安い方法はある?~※自己破産ガイド

自己破産の費用~安い方法はある?~※自己破産ガイド

人は借金をたくさんしてしまい、どうしても返済をすることができなくなってしまうことがあります。
そして借金を返済することができなくなると、借入先の金融機関から厳しい取立てを受けるなど、悩みは尽きません。
様々な事情により、自己破産という選択肢しかなくなり破産に向けた手続きを進める方は非常に多いのです。

そこで借金を返済することができなくなってしまった人は、債務整理することによって解決をしていくことになります。

債務整理にはいくつかの種類があり、人それぞれ状況によって最適な手段は異なります。

あなたに合った債務整理方法はどれ?

 

自己破産とは?

自己破産とは自分の所有している財産を提供するのと引換に借金を免除してもらうことを言います。
破産することによって借金から解放され、新しい生活をスタートさせることができます。

 

そして、これから破産をしようとしている人が一番気になる事といえば、破産宣告をするのにどのくらいの費用がかかるかについてでしょう。

 

自己破産の費用内訳

自分で手続きを行う場合、破産宣告にかかる費用は

  • 実費として申し立てをするときにかかる費用
  • 予納金

の2つが必要になります。
※財産をある程度所有している場合は管財事件になるので、約50万円以上必要になります。

 

弁護士に依頼した場合の費用

弁護士に手続きを頼む場合は、先ほどご紹介した、実費と予納金に加えて、
着手金成功報酬を弁護士費用として支払う必要があります。
そのため費用も高くなり、約20万円~40万円程度必要になってきます。

 

プロに依頼するほうが安くなる?

しかし、破産の手続きは費用がかかっても弁護士に頼んだほうがいいでしょう。
なぜなら破産宣告を受けるためには裁判所に自分に支払い能力がないことを認めてもらう必要があるので、書類をしっかり作成しなければならないからです。

そして、場合によっては専門家に依頼するほうが、
債務者が自分で手続きするよりも、結果的に安く早く終わる可能性もあります!

自己破産のデメリットとは? 自己破産を行うということは、築き上げてきた財産を処分するかわりに借金返済を免責してもらう手続きです。 自己破産を行ったとしても、住まいまでは取り上げられないと思っている方も多いのですがそんなに甘くはなく、住宅ローン完済済みであっても、お金に換価出来るものは没収となります。 1度自己破産をしてしまうと、住宅ローンは組めないのかと言うとそういうわけではなく信用情報機関の事故情報が抹消され、住宅ローンを組もうと思っているときに安定した収入があり、 支払能力があると貸し手に判断されれば自己破産後でも、金融機関が提供している住宅ローンを組む事が出来ます。 自己破産後、約7年間は信用情報機関の事故情報に金融事故の情報が登録されます。 事故情報が登録されている間は金銭消費貸借契約を結ぶ上で重要な信用度が0、またはそれ以下となってしまいますから自己破産を行ってから、約7年間は住宅ローンを組む事が出来ないのです。 住宅ローンの審査はキャッシング審査とは、比べ物にならないほど厳しいので自己破産後、約7年間はどれだけ収入が安定していようと住宅ローンを組む事はまず不可能です。