自己破産したらクレジットカードはどうなるの?《借金解決・相談》

自己破産したらクレジットカードはどうなるの?《借金解決・相談》

自己破産したらクレジットカードはどうなるの?

何らかの理由でやむを得ず最終的な手段で自己破産をする場合がありますが、もちろん借金は無くなるもののそれと引き換えにリスクも当然あります。
最も思い浮かぶイメージとして、自己破産をするとクレジットカードをもう作ることができないと考える方が多いです。
なぜ自己破産をするとクレジットカードを持つことができないのかと言えば、当然自己破産の履歴は残りますから信用と言うのが失うからです。
自己破産によって免責となった金融機関やクレジット会社ではほぼ間違いなくクレジットカードを2度と作ることもできないですから、それなりのリスクは伴います。
そうするともうクレジットカードを作れないのかと言えば、決してそんなことはありません。
確かに信用情報機関には自己破産の履歴は残りますが、一定の期間を超えると登録が消えるとされています。
情報機関はいくつかの機関がありますが、消える機関として5年から10年と言われています。
そのため、自己破産後に最短で5年程でクレジットカードを作れる可能性が出てきます。
作れる可能性があると言っても、そう簡単に作れませんからある程度の機関が経ったら審査が緩いとされるクレジットカードにまずは申し込んでみるのが良いです。