自己破産で同時廃止になった場合※~自己破産後の生活~

自己破産で同時廃止になった場合※~自己破産後の生活~

自己破産で同時廃止になった場合※~自己破産後の生活~

初めは、軽い気持ちで借りたキャッシングやカードローンが気がつくと借り入れ額が高額になり返済が困難になっていることがあります。誰でも、陥りやすい多重債務です。しかし、初めから自己破産を考えている人はほとんどいません。
返済が不可能になり、また自身の生活も出来なくなることから弁護士などに相談して自己破産を選択することになります。
その期間は、弁護士に依頼した場合は比較的に短くできます。
まず、債務者が裁判所へ自己破産の申立を行います。
その際に書式に、不備がなければ受理され、裁判所は債務者の調査を行うことになります。
申立から、1ヶ月から2ヶ月の期間に裁判所からの呼び出しがあり債務状況や資産状況、支払い能力などの質問がされます。
その後、裁判所が支払い不能を認めると破産手続き開始決定があります。
この決定までの期間は、数日になります。
この後、債務者に換価する程の財産がないこと明らかな場合は同時廃止となります。
そのために、通常この自己破産には申立てから1~2ヶ月の期間が必要になります。
また、一度自己破産をすると、その後7年間は再度自己破産の申立てはできません。
同時に、この7年間はクレジットカードやローンの申し込みは出来なくなります。
しかし、この個人情報信用機関に載る期間は明確には公表されていません。
最近では、7年間より短い5年という説も出てきています。
借り入れが出来ない期間は、確かにありますが債務がなくなることでのやり直しができます。