自己破産後の事が想像つかなくて不安な方※無料相談

自己破産後の事が想像つかなくて不安な方※無料相談

自己破産後の事が想像つかなくて不安な方※無料相談

多重債務から解放される為の方法として有名なのが、自己破産です。
家や車等の財産があれば、それらを手放し、返済に充て、それでも返済できない借金に関しては、破産宣告後、業者に免除をして貰う事になります。
自己破産を行うと、その後は、借金の返済義務はなくなりますが、自己破産後は生活に様々な影響が出る事になります。
自己破産後の影響として大きいものは、職業に関する制限です。
弁護士や税理士、警備員や会社役員等、いくつかの職業に就く事ができなくなります。
これらの職業に就けないのは数ヶ月間ですが、今までの職を離れるというのは大きなデメリットとなります。
更に、自己破産は、信用情報の大きな傷になる為、5年から10年間、クレジットカードや、様々なローンの審査に通らない事になります。
更に、持ち家などを失った場合は、生活の拠点となる、家を探すところから始める事になりますが、現金等も必要最低限しか手元に残らない為、家を借りる、引越しをするというだけでもとても大きな負担となる事になります。
更にもうひとつ考えておきたいのが、保証人や連帯保証人についてです。
保証人や連帯保証人がいた場合、自己破産後、残った借金に関して、保証人に一括請求される事になります。
ですから、自己破産は、保証人や連帯保証人の生活にも大きな影響を与えます。
自己破産をすれば借金の返済義務がなくなると、簡単に考えてしまう人は少なくないでしょう。
ですが、生活や周りへの影響がある事も多く、よく考えて行なう事が大切です。