自己破産と官報について~自己破産後の生活について~

自己破産と官報について~自己破産後の生活について~

自己破産と官報について~自己破産後の生活について~

債務整理には色々な方法がありますが、自己破産もその中のひとつです。自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出することで、免責許可というものをもらう方法です。この免責許可をもらうことによって、すべての借金をゼロにすることが出来ます。但し、この自己破産をすることが出来るのは、支払不能になった場合です。自己破産とは支払不能になった人のみが手続きを行うことが出来るのです。支払いが不能になったかどうかは、債務者の負債の額、資産、収入などから判断されることになっています。
自己破産とは、司法書士が破産申立書の作成から免責になるまでの手続きを行ってくれるものです。この自己破産の方法をとるメリットは、すべての債務の支払いが免除されること、手続きが開始すれば債権者は強制執行ができなくなることなどです。デメリットは、借り入れが数年間、出来なくなります。住所氏名が国が発行する機関紙である官報に掲載されます。免責決定を受けるまで、就くことが出来ない職業があります。例えば、警備員などです。
この自己破産の費用は、大抵の場合、自己破産申し立てに必要な印紙代、予納金、切手代、通信費、裁判所出頭の日当などの総額の費用で算出されます。免責決定後の成功報酬などの費用は発生しない事務所が多いです。何社を相手にするかによっても異なってきますが、費用は数十万円程度になってきます。債権者が増えれば費用は高くなりまうが、債務総額では増減しない事務所が多いです。