債務整理開始通知とは?~取立をストップさせる方法~

債務整理開始通知とは?~取立をストップさせる方法~

債務整理開始通知について

債務整理について

債務整理をする際、最近では手続きがインターネットで調べられるほど手続きが簡単になっております。

 

しかし、債務整理をするのであれば、やはり弁護士・司法書士などに一度依頼をしてみるほうが良いでしょう。
自分で債務整理をすると、申請をしてから2週間は取立てや督促などに悩まなければなりません。

 

債務整理を自分でやる場合のデメリット

違法な時間の取立てや、強引な督促というのも、場合によっては考えられることです。
しかし、弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼すると、弁護士または司法書士が申請をした瞬間に、借金の取立てや督促がストップすることになります。

 

そのときに債権者に届ける書類を、債務整理開始通知といいます。

 

これは、法律でそのように定められているのです。
もちろん、自分で債務整理をしても、2週間耐え忍んで免責許可を得て破産手続きとなれば、借金の取立てや督促からは解放されることになります。

 

ただし、その2週間というのはとにかく長いものです。
仮に債務整理手続きをしたことを貸金業者に言えば、業者はその2週間の間に何とか取り戻そうと、さらに強引な手にでる可能性もあります。

 

しかし、弁護士や司法書士に依頼をすれば、即日で督促や取立ては出来なくなってしまいます。
これは非常に大きなメリットとはいえます。

 

このメリット、弁護士・司法書士どちらに依頼しても同じような効果がありますよ。