個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

個人再生について

個人再生のメリット・デメリット

借金の返済が思うようにいかなくなり、二進も三進もいかなくなった時に
とるべき行動、それは、「債務整理」です。

 

この債務整理には、個人再生というものがあります。
住宅ローン以外の借金をかなり少なくすることができるというもので、
自己破産のようなマイホームを手放すことなく、再建できることが特徴です。

 

しかし、借金を抱える人誰でも対象になるわけではなく、安定した収入が継続してある人が
対象となります。

 

この場合、住宅ローン以外の借金が一定額以下の場合、小規模個人再生が可能となります。

 

個人再生のメリット

マイホームを手放さなくても良い事にくわえ、住宅ローン以外の借金を減らすことができ、
申し立てすることで、差し押さえを止めることができるということです。

 

デメリット

いわゆる官報、ブラックリストにのってしまうため、新たなカードローンを組むことが、
5年~7年の一定期間はできないことです。

 

また継続した収入がなければ、対象にならない。
借金のメインである住宅ローンそのものは、減額の対象とならない。
などが挙げられます。

 

しかしながら、このような債務整理をおこなうことで、今立ちどまっている現状から、
打破できるため、これからの明るいの未来のためには、第一歩を踏み出す勇気が必要となってくるでしょう。

個人再生と他の債務整理方法の違いについて

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがあります。
債務者の債務総額や収入などによって最適な手続きがあり、どうにもならない多額の借金でも解決が可能となります。
この手続きの中で財産を残しながら大幅に債務が減額されるのが個人再生です。
原則債務総額の5分の1までに減額されるので、500万円の借金があった場合でも100万円までの最低弁済額になります。
その減額された債務を原則3年で、特別な事情があるときは5年で分割返済を行います。

 

100万円まで減額されれば月々の返済額は約28,000円ほどになるので、安定した収入さえあればかなりお支払に余裕が生まれます。
任意整理は裁判所を通さずに任意で債権者と交渉します。
債権者によっては任意整理に応じてくれないことがありますが、個人再生の場合は裁判所を通しているので債権者に左右されずに債務が減額されます。
自己破産では住宅、99万円以上の現金、20万円以上の預貯金、20万円以上の価値がある車や有価証券などは差し押さえになりますが、
個人再生では財産を手放さずに手続きを進められる場合があります。

 

自己破産はしたくない、でも任意整理では債務の減額幅が小さくて返済できない、そのようなケースに個人再生は最適です。

あなたに合った手段を選ぶのが債務整理のポイント!

債務整理をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!

法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。


⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!

⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事

個人再生のメリット・デメリット記事一覧

無料相談から始められる事務所はこちら借金お助け相談窓口なら365日・24時間無料対応!■電話相談の前に!※下記のご質問はお受けできません。・個人間の借金・税金の相談・差し押さえの相談・本人以外からの相談・他事務所にご相談中の方個人再生するにはいくら費用が必要??ケースによって違いますが、相場は40万円~80万円と言われています。費用に幅があるのは、住宅を整理対象から外すか、専門家に依頼するか、再生...

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類があります。小規模個人再生はその名の通り、小規模の個人事業者向けになっていますが、給与所得者等再生よりもメリットが大きいことから、給与所得者も小規模個人再生を利用することが一般的になっています。小規模個人再生が給与所得者等再生よりもメリットの大きい点として、返済金額が挙げられます。小規模個人再生は利用条件(債務総額が5,000万円以下、継...

個人再生、自己破産ともに、借金の返済が困難となった人の救済措置ですが、いくつか違いがあります。個人再生は、任意整理、特定調停では返済が難しいけれども、自己破産を避けたいという場合にとられる手続きです。自己破産と違い、借金がすべて免責になるわけではありません。原則として債務は5分の1に減額されます。それを3~5年で分割返済していくことになります。計画どおりに返済し終えれば、残りの債務は免除されます。...

個人再生の適用が正式に開始になったら、債務者は債権者に対して再生計画の通りに3年かけて残額の借金を返済していきます。しかし再生期間中に債務者に何らかの生活状況の変化があって、経済的に立ち行かなくなった場合、残りの債務の返済が免除になるケースがあります。これをハードシップ免責と言いますが、再生計画をどんなに変更しても極めて返済が困難になった場合のみに認可されるものなので、よほどの理由がない限りは適用...

個人再生を行なう事で、官報へも掲載されますし、信用情報機関には事故情報が登録されてしまいます。これらの事はデメリットと言えますが、それほど大きくないデメリットを受け入れる事でマイホームは保持したまま、借金を減額してもらうことが出来るのです。官報は一般公開されていますから、見ようと思えば誰でも簡単にチェックする事が出来ます。一般公開されているからと言って毎日更新される官報の更新情報を楽しみにしている...

色々な債務整理の方法がありますが、その中でも個人再生は2001年に制度がスタートした、新しい債務整理になります。個人再生は自己破産のように、それまで作った借金がゼロになるという事はありませんが、大幅に借金の額を減額できる制度となっています。個人再生では通常、3年で返済する計画を立て、それに見合った額の返済を行うのが特徴です。例えば500万円の借金がある方が、3年で200万円を返済するという計画を立...

個人再生は、債務整理の中でも減額できる幅が最も大きく、住宅ローン以外の債務返済が負担になっている人には非常に助かる手段です。しかしその分、個人再生をした時によるデメリットは自己破産に次いで多い面もあり、連帯保証人がいる場合は債務返済を代理で行う義務が出てきます。また自己破産と共通している部分では、官報という国発行の機関紙に氏名・住所などの個人情報が掲載されますが、これは官報販売所や政府刊行物サービ...

個人再生は、収入は少ないながら破産するまでに至らないが、定期収入はあるので、今ある借金を5分の1程度に減縮すれば残額の借金を弁済する余力のある人に適した措置法です。個人再生のメリットは、住宅ローンの支払の義務は免除されないが、その他の債務に対して任意整理するよりも大幅な借金減額が見込める点です。それに反し、自己破産というのは免責許可を受けることができれば、一切の借金返済を担う義務がなくなります。但...

銀行のカードローンやキャッシングなどはとても便利で借入しやすいものですが、その便利さゆえに膨大な借金を抱えてしまい、いつまで経っても完済できる目途が立たないといったことはよくあります。毎日節約生活をコツコツ続けて返済していても、利息分が膨らんでしまうので完済することは非常に困難なものなのです。こんなことならいっそ自己破産をと考える方も多いでしょうが、自己破産をしてしまえば預貯金などの財産を差し押さ...

借金を重ねてしまってその返済に困っている人が、法律で定められた手続きなどによって、借金を減額して生活の再建を図るための方法のことを債務整理とよんでいます。この債務整理のいくつかある種類のなかでも、借金の総額を大幅に減額した上で、残った分を相当の期間に分割して完済をめざすものが個人再生です。個人再生は、借金をした本人が裁判所への申立をするところからはじまり、受け付けた裁判所では個人再生の手続開始決定...

借金を返済することができなくなってしまった場合には債務整理をすることになりますが、債務整理の方法の一つに個人再生という方法があります。個人再生とは簡単に言うと、裁判所に申し立てることによって債務の額を一定の額まで減額してもらい、残った債務を計画に従って返済をしていくというものです。そこで個人再生をしたら返済額がどうかわるのかということですが、借金の額によって違いますが500万円の範囲内に減額をする...

個人再生に申し立てをするにあたり、不許可になる理由はなんでしょうか。まず、債務総額が5000万円以上ある場合や、弁済基準の最低以下になっている場合は許可がおりません。また、個人再生は債務の大幅な免除を受け、分割で返済しながら3年以内に完済することが前提になります。今後3年間は、収入を得る見込みがなければなりません。職種によっては、収入が毎月あるとは限らず、額も一定でない場合もあるでしょう。必ずしも...

借金を返済できなくなってしまった場合、司法書士事務所や弁護士事務所などに、債務整理の相談をすると良いと思います。法的な救済策についてのアドバイスをしてくれます。債務整理にはいくつかの種類がありますが、よく耳にするのは自己破産です。借金をすべて免除してくれる代わりに、財産を没収されてしまいます。住み慣れた家なども手放さなければなりません。それが嫌な場合は、個人再生による救済の相談となります。個人再生...

個人再生手続きは民事再生の個人版とも呼ばれており、主に住宅ローン以外の債務が5000万円以下である場合に借金整理できる法ですが、適用条件は弁済期間中も安定収入の見込みがある人のみです。個人再生で減額できる債務の割合については、ちょうど任意整理と自己破産の中間という感じで、最大で債権額の5分の1または100万円まで借金を圧縮できます。また具体的な弁済方法は、裁判所の監督のもと、詳しい返済計画を記した...

債務整理をすると、苦労して購入した我が家を失うと考える人は多くいます。しかし、債務整理で我が家を失うとは限りません。債務整理にはいくつかの方法があり、それらの方法の中には、我が家を失うことなく借金を整理できる方法もあります。個人再生は、我が家を失わない債務整理のひとつです。借金を減らしても住み慣れた我が家を手放す必要がないので、個人再生はメリットの大きい債務整理の方法と言えるでしょう。債務の総額を...

個人再生を選択すれば、家や車、テレビなどの家財道具を手放すことなく住宅ローン以外の借金を減額することができ、返済の負担を大きく減らすことができます。しかし、借金を減額してもらうわけですから、やはりそれなりの条件があります。個人再生での失敗例は、裁判所に提出する再生計画案が認められないことと、開始された後3年以内に減額分の借金の返済ができなくなってしまうパターンが多いことを事前によく知っておく必要が...

個人再生は申請をしても不許可となる場合があります。まず債権者の過半数からの同意が得られない場合や反対している債権者の債権の合計額が債務の過半数以上を占める場合です。個人再生は債権者の同意も必要となるためにこの場合には不許可になってしまいます。もう一つ不許可になる可能性としては個人再生を申請する債務者の支払い能力に疑問がある場合です。基本的には安定した収入のある方でなければできません。自己破産の場合...

カードローンやキャッシングのテレビコマーシャルが頻繁に流れており、利用者も増えています。また、インターネットが普及したことから、パソコンやスマートフォンなどで簡単に申し込みや審査を受けることができるようになりました。インターネットで申し込みや審査ができると、店舗などに行く必要もなく、必要書類を添付して送るだけで最短30分ほどでお金を借りることができます。簡単に申し込みができるようになると、複数の消...

個人再生とは、財務整理や自己破産とは違い、借金を5分の1まで減らしてもらう制度です。ですが、財務整理や自己破産と同じように、新規ローンなどが組みにくくなるというデメリットが存在する反面、他の制度とは違い、今まで通り返済をしながらでも自分の家に住み、車を所持することができるというシステムになっています。個人再生では、借金を5分の1まで減額してもらったうえで、3年という期間で返済プランを立て、その中で...

個人再生は借金で苦しむ人に対する救済措置の1つで、裁判所に今ある借金総額の一部を免除してもらい、残りを3年間で分割して返済していくということを認めてもらった上で、実際に返済していくというものです。ただし個人再生では住宅ローンや養育費は減額されることはありませんので、それらについては通常通りに支払っていく必要があります。養育費に関してはもし滞納があればその分は弁済期間中は一部のみを分割で支払っていき...

債務整理の中でもマイホームを持っている方に、有利と言われているのが個人再生です。同じ債務整理でも自己破産を行うと、家などの財産は手放す必要があります。個人再生はというと住宅ローン以外の借金を、整理する事が出来ますし、借金を整理したとしても家や車などの財産はキープする事が可能です。自己破産のように借金をゼロにする事は出来ませんが、最大で10分の1と大幅に借金を減らせるため、個人再生は借金問題を大きく...

個人再生は債務整理の方法の1つです。債務整理と言うのは借金を整理する事を意味しています。借金を整理すると言うのは借金を減額し、残りの債務を返済していくことを意味しているのです。しかし、残りの債務を返済していくためには返済能力が必要になります。借金を減額しても残りの債務を支払える能力が無い場合は自己破産と言われる方法で債務整理を行う必要が有るのです。しかし、自己破産と言うのは全ての債務が免責されると...

債務整理というと自己破産と任意整理が広く知られていますが、それ以外にも良く利用されるものに個人再生があります。個人再生とは、債務が全て免除される自己破産と、払い過ぎた利息分と将来の金利をカットすることで返済額を軽減する任意整理の中間にあたるもので、任意整理よりも更に大幅な減額措置が受けられる債務整理です。自己破産のように全て免除とはなりませんが、その分財産を手放す必要がないという大きなメリットがあ...

泥沼に陥ってしまった借金問題を根本から解決するためには、法律で認められた手続きである債務整理の利用が有効です。よく知られている自己破産などは、借金のすべてを帳消しにする方法であり、利用を検討している人もたくさんいるかもしれません。しかし自己破産の手続きを行うと、借金が無くなる代わりにマイホームや車などの財産も手放さなければいけません。せっかくのマイホームを手放す事態になれば、家族へも大変な迷惑をか...

皆さんはお金の管理をきちんと行っていますか?きちんと行っているつもりでも、突然の失職や病気、もしくは単にショッピングのしすぎなどで、借金が嵩んで苦労されている方もおられると思います。月々の支払いが順調に進んでいる間はまだ良いですが、月々の支払いに苦労している、又は借金を返すのに別の機関からの借金を繰り返している様な方は、法的な手続きで借金を清算する事を考える時期に来ていると思います。法的な手続きで...

借金の問題を大きく解消できる自己破産は、借金が実質的にゼロになるものの、我が家などの財産は手放さなければいけません。借金の返済に困っているけれど、我が家は残したいという場合、個人再生を検討しましょう。個人再生は裁判所に申し立てを行い、借金を減額できる債務整理の1つです。自己破産の場合、すべての借金は無くなりますが、個人再生の場合はある一定の額残ります。残った借金は原則として3年間から5年間の間に、...

無料相談できる人気事務所

メニュー

最新記事