個人再生が不許可になった※自己破産する前に必読!!

個人再生が不許可になった※自己破産する前に必読!!

個人再生が不許可になった※自己破産する前に必読!!

個人再生に申し立てをするにあたり、不許可になる理由はなんでしょうか。
まず、債務総額が5000万円以上ある場合や、弁済基準の最低以下になっている場合は許可がおりません。また、個人再生は債務の大幅な免除を受け、分割で返済しながら3年以内に完済することが前提になります。
今後3年間は、収入を得る見込みがなければなりません。職種によっては、収入が毎月あるとは限らず、額も一定でない場合もあるでしょう。必ずしも毎月決まった収入がなければいけない、ということはありませんが、定期的かつ、変動幅が少ない収入があると認められる必要があります。
無職であるなどといった場合は、まず難しいでしょう。
個人再生の申し立てに許可がおりた後では、再生計画案が不許可になる場合があります。
これは、免除を受けた負債の残りを、3年以内に完済するための計画案です。きちんと完遂できるような、現実的な計画をたてなければなりません。見込みが無いと判断されると、不許可になります。
再生計画に不同意している再生債権者が総再生債権者の半数以上であるなどといった場合も、許可がおりないでしょう。
ギャンブル等で負債を作ってしまった場合に、個人再生ができないのではないかと思われる方がいるようです。自己破産とは違い、個人再生はギャンブルが理由での債務整理も可能です。

最後に、手続きや再生計画の流れの中で法律違反があった場合、最終的に不許可になるでしょう。