個人再生して減額について※自己破産の事知りたいなら

個人再生して減額について※自己破産の事知りたいなら

個人再生して減額について※自己破産の事知りたいなら

個人再生は債務整理の方法の1つです。
債務整理と言うのは借金を整理する事を意味しています。
借金を整理すると言うのは借金を減額し、残りの債務を返済していくことを意味しているのです。
しかし、残りの債務を返済していくためには返済能力が必要になります。

借金を減額しても残りの債務を支払える能力が無い場合は自己破産と言われる方法で債務整理を行う必要が有るのです。
しかし、自己破産と言うのは全ての債務が免責されると同時に、自由財産と呼ばれる財産以外は全て処分をしなければならないのです。

不動産を所有している場合には、マイホームを手放さなくてはならないと言う事になるのです。
個人再生は、所有している財産を手放す事無く債務整理を行うことが出来る方法です。

尚、所有している財産の内、不動産を所有していて、その不動産の住宅ローンが有る場合には免除や減額と言うことが出来ないのが特徴なのです。
但し、住宅ローンを除いた借金の総額の1/5もしくは100万円の何れか多い額を、3年間と言う定められた期間の中で返済する事が可能であれば、残りの債務となる借金が免除されると言うのが個人再生の特徴でもあるのです。

尚、債務整理を行う時には弁護士や司法書士に相談を行って債務整理をしていくことになります。
弁護士や司法書士は債務者の状況を把握した上で一番良い方法で債務整理を行ってくれると言うメリットも有るのです。
そのため、相談をする時には隠し事をすることなくすべてを話す事が重要なのです。