個人再生の保証人の負担※自己破産したら。無料相談

個人再生の保証人の負担※自己破産したら。無料相談

個人再生の保証人の負担※自己破産したら。無料相談

泥沼に陥ってしまった借金問題を根本から解決するためには、法律で認められた手続きである債務整理の利用が有効です。よく知られている自己破産などは、借金のすべてを帳消しにする方法であり、利用を検討している人もたくさんいるかもしれません。
しかし自己破産の手続きを行うと、借金が無くなる代わりにマイホームや車などの財産も手放さなければいけません。せっかくのマイホームを手放す事態になれば、家族へも大変な迷惑をかけてしまうことになるのです。
そこでマイホームなどの財産を手放すことなくできる債務整理をしたい場合は、個人再生を利用するという方法があります。個人再生とは裁判所に再生計画を認可してもらうことで、借金を5分の1程度まで減額してもらうというものです。自己破産のように借金の全てが無くなるわけではありませんが、かなりの金額まで減額してもらうことで、マイホームを手放すことなく安定した借金の返済をおこなうことができ、債権者にとっても債権の全てを失わなくて済むことから、双方にとって有効な借金問題の解決方法として支持を集めているのです。
なお個人再生の手続きによって減額された残りの借金については、原則として3年間で返済することが求められます。ただし特別の事情があると認められた場合は、借金の返済期間が3年間から5年間に延長してもらうことも可能です。またこの手続きを行う場合、保証人にも大きな影響を与えますので、そのような人がいる場合は事前に相談しておくことが必要です。