個人再生から自己破産するケースって?※個人再生の前に

個人再生から自己破産するケースって?※個人再生の前に

個人再生から自己破産するケースって?※個人再生の前に

個人再生は、収入は少ないながら破産するまでに至らないが、定期収入はあるので、今ある借金を5分の1程度に減縮すれば残額の借金を弁済する余力のある人に適した措置法です。
個人再生のメリットは、住宅ローンの支払の義務は免除されないが、その他の債務に対して任意整理するよりも大幅な借金減額が見込める点です。
それに反し、自己破産というのは免責許可を受けることができれば、一切の借金返済を担う義務がなくなります。
但し、家などの不動産を所得していれば競売にかけられるデメリットがあり、一定額以上の財産は換価して債権者に強制的配当されます。

 

自己破産は、お金の無い人が財産を投げうっての借金整理になるので、借金返済に何の道筋も残されていない場合の最終的手段です。
その点、個人再生は住宅は残したまま、自分の収入・生活状況に見合ったペースで3年かけて減額した債務を月々支払う方法になるので、非常に堅実で債務整理しやすいです。
しかし個人再生の場合、住宅ローンは減額不可なので、ローン返済を続けながら、尚且つ債権者と約束した再生計画案通りに債務返済を行う必要があります。
実は個人再生によって無事3年間かけて完済しても、住宅ローンがなかなか完済し終わらないという人がいるのも事実です。
一応、住宅ローンにも特則があり、期日通りの返済が困難な場合は支払期間の猶予の延長を申し出る事ができます。

 

 

万一、それでも何らかの事情で住宅ローン返済が滞った場合は、競売にかけるか任意売却する手段を取る事になります。
任意売却は競売よりも高い値をつけて売る事ができますが、中には任意売却で得た金額でも、住宅ローンの残額の債務を賄え切れないケースがあります。
今後の見通しがどうしても立ち行かなくなってしまった場合は、我慢せず自己破産の申立をしたほうが心身ともに楽になるメリットがあります。
自己破産して家を処分したとしても、再び自ら職を得て安い賃貸アパートに住む事は可能ですので、いずれにしても借金整理に有効な解決手段になりす。