個人再生したら車保有者は?※自己破産したらその前に!

個人再生したら車保有者は?※自己破産したらその前に!

個人再生したら車保有者は?※自己破産したらその前に!

個人再生手続きは民事再生の個人版とも呼ばれており、主に住宅ローン以外の債務が5000万円以下である場合に借金整理できる法ですが、適用条件は弁済期間中も安定収入の見込みがある人のみです。
個人再生で減額できる債務の割合については、ちょうど任意整理と自己破産の中間という感じで、最大で債権額の5分の1または100万円まで借金を圧縮できます。
また具体的な弁済方法は、裁判所の監督のもと、詳しい返済計画を記した再生計画案を債務者自身で作成し提出します。
減額された債務を裁判所と債権者の過半数に認可された再生計画案通りに3~5年以内に返済できた場合のみ、残借金は免除されるという仕組みです。
任意整理するよりも借金を減らせる可能性のある個人再生ですが、自己破産の場合は生活に必要な家財道具を除く財産は殆ど売却され、債権者に借りていた分だけ分配されます。
しかし個人再生なら、住宅ローン特別条項というのを利用できるので、今の住宅はもちろん自分の車もキープしながら債務整理できるのが、自己破産との決定的な違いです。
もし新車を買ったばかりで絶対手放したくないという人は、極力自己破産は避けるようにし、まずは弁護士に個人再生で借金を解決する事が可能かどうか適切な判断をしてもらいましょう。