個人再生して失敗したら?※無料弁護士相談で解決へ

個人再生して失敗したら?※無料弁護士相談で解決へ

個人再生して失敗したら?※無料弁護士相談で解決へ

個人再生を選択すれば、家や車、テレビなどの家財道具を手放すことなく住宅ローン以外の借金を減額することができ、返済の負担を大きく減らすことができます。しかし、借金を減額してもらうわけですから、やはりそれなりの条件があります。個人再生での失敗例は、裁判所に提出する再生計画案が認められないことと、開始された後3年以内に減額分の借金の返済ができなくなってしまうパターンが多いことを事前によく知っておく必要があるでしょう。
まず、再生計画案の失敗は、自分で適当に計画を立ててしまう場合によくあります。裁判所や債権者に納得してもらえるような案を作るには、実績のある専門家にアドバイスを受けるのが最も安全で効率的です。専門家には弁護士や司法書士がいます。裁判所に出向かなければならない時には代理人としての権利を持つ弁護士に、書類作成だけで大丈夫そうなら司法書士に依頼すると費用を抑えることができる場合があります。
もう一つの失敗例である3年以内の返済が困難になるケースは、生活を改められないことが原因の一つとしてあります。個人再生はギャンブルで作った借金であっても利用できる制度とあり、ギャンブル癖が治らないまま制度を利用すると、減額されたとしても返済が滞ることもあり得なくはないことです。
個人再生はギャンブル癖を治す絶好の機会だと思い、本人が努力する必要があります。それでも癖が治らないのであれば依存症に陥っている可能性がありますので、早めに病院で治療をすることが大切になります。