個人再生の書類と書式について※~自己破産後の生活~

個人再生の書類と書式について※~自己破産後の生活~

個人再生の書類と書式について※~自己破産後の生活~

債務整理というと自己破産と任意整理が広く知られていますが、それ以外にも良く利用されるものに個人再生があります。
個人再生とは、債務が全て免除される自己破産と、払い過ぎた利息分と将来の金利をカットすることで返済額を軽減する任意整理の中間にあたるもので、任意整理よりも更に大幅な減額措置が受けられる債務整理です。
自己破産のように全て免除とはなりませんが、その分財産を手放す必要がないという大きなメリットがある為、選ばれることが多い債務整理の方法ですが、個人再生は債権者との間で直接和解交渉を行う任意整理と異なり、裁判所を介する手続きとなります。
この手続きは原則自分だけでも申し立てることは可能ですが、書式が裁判所ごとに異なり、また多くの書類を集める必要も出てくる為、知識と経験を持っていなければ難しいのが現実です。
また、弁護士費用を節約する為に何とか自分で書式を整えたとしても、弁護士に依頼せずに申し立てを行った場合には裁判所の判断で個人再生委員が選任されるケースが多く、再生委員の報酬は申立人が負担しなければなりません。
よって、自分で行おうとしても書式などの手間が大変なだけで、金銭的には大きな節約とならない場合が多いので、手間を軽減し、正確で円滑な手続きを行う為にも個人再生は弁護士に依頼することがおすすめです。
まずはどの方法での債務整理が自分にとって最善であるかの判断も含め、弁護士に相談を行ってみましょう。