個人再生とは?※《借金で困っている人のための相談室》

個人再生とは?※《借金で困っている人のための相談室》

個人再生とは?※《借金で困っている人のための相談室》

借金を返済することができなくなってしまった場合には債務整理をすることになりますが、債務整理の方法の一つに個人再生という方法があります。個人再生とは簡単に言うと、裁判所に申し立てることによって債務の額を一定の額まで減額してもらい、残った債務を計画に従って返済をしていくというものです。

そこで個人再生をしたら返済額がどうかわるのかということですが、借金の額によって違いますが500万円の範囲内に減額をすることができます。具体的に述べると借金が100万円以下の人は借金の総額のままで、100万円を超えて500万円以下の人は100万円、500万円を超えて1500万円以下の人は借金の総額の5分の1、1500万円を超えて3000万円以下の人は300万円、3000万円を超えて5000万円以下の人は借金の総額の10分の1まで減額をすることができます。
そのため借金の額が数千万円単位になる人は10分の1になるということもあり、個人再生をすることができる条件を満たしている人であれば利用する価値のある債務整理の方法であると言えます。

またサラリーマンなど勤務先から定期的に給料をもらっている人は給与所得者等再生によってする方法もあり、この場合は上記の額と可処分所得の2年分のどちらか高い額まで減額をすることができます。