個人再生と我が家※自己破産が本当に正しい手段?

個人再生と我が家※自己破産が本当に正しい手段?

個人再生と我が家※自己破産が本当に正しい手段?

借金の問題を大きく解消できる自己破産は、借金が実質的にゼロになるものの、我が家などの財産は手放さなければいけません。

借金の返済に困っているけれど、我が家は残したいという場合、個人再生を検討しましょう。
個人再生は裁判所に申し立てを行い、借金を減額できる債務整理の1つです。

自己破産の場合、すべての借金は無くなりますが、個人再生の場合はある一定の額残ります。
残った借金は原則として3年間から5年間の間に、完済しなければいけませんが、個人再生は住宅ローンを維持しつつ他の借金は整理できる点が特徴です。

また自己破産のように財産を差し押さえられてしまう事も無い為、個人再生は我が家を残しておきたい方に、向いている債務整理と言われています。

どのくらい借金が減額されるかは、借金の額により違いがあります。
例えば借金が3000万円から5000万円以内のケースだと、借金は10分の1にまで減額されます。
また500万円から1500万円の場合だと、5分の1を支払う事になります。

このように個人再生は、我が家を手放さなくて済むというだけでなく、大幅に借金を整理出来るという点も利点です。
この他にメリットとしては、パチンコなどのギャンブルによる借金や、エステや美容など浪費による借金など、どのような内容の借金でも、整理できるという点があります。

自己破産の場合はギャンブルや浪費による借金は、免責が認められず借金を整理出来ない事もあるのです。
個人再生は、どのような借金であっても利用できる点からも、申し立てしやすい債務整理と言えるでしょう。