個人再生と養育費について※債務整理方法は無料相談

個人再生と養育費について※債務整理方法は無料相談

個人再生と養育費について※債務整理方法は無料相談

個人再生は借金で苦しむ人に対する救済措置の1つで、裁判所に今ある借金総額の一部を免除してもらい、残りを3年間で分割して返済していくということを認めてもらった上で、実際に返済していくというものです。ただし個人再生では住宅ローンや養育費は減額されることはありませんので、それらについては通常通りに支払っていく必要があります。養育費に関してはもし滞納があればその分は弁済期間中は一部のみを分割で支払っていき、残額は弁済期間終了後全額支払うという形になります。救済措置とはいえ、何らかの事情によって個人再生できないこともあり得ます。もし失敗してしまったらどうなるのかということを知りたい方は少なくありません。もし個人再生に失敗してしまった場合は通常は自己破産することを検討することになります。借金の返済に関する対処法としてまず任意整理が考えられ、それが難しければ個人再生となります。そしてそれが無理な方は自己破産しかありません。個人再生する時には債権者の同意が必要です。失敗する理由にはこの債権者の反対が多かった場合があります。この場合、できることはまず親族からの援助を期待できるかどうかによっても変わってきます。もし援助してもらうことが可能であれば、援助分で返済を行い、残りを任意整理によって分割して支払っていくという方法をとることができます。もしそれが無理であればもう一度個人再生の申立てをしてみるか自己破産をするということになります。