差し押さえが強制執行されるケースとはどんな時?

差し押さえが強制執行されるケースとはどんな時?

差し押さえが強制執行されるケースとはどういう時か?

借金回収のために行われる差し押さえはどのような状況で執行されるのかご紹介します。
差し押さえは一言で言うと債務者から強制的にその財産を取り上げて債権回収を行う手続きのことを言います。お金を貸した相手が返済をしてくれないとしましょう、その場合裁判によって勝ったとします、ところがそれでも相手がそれを無視し続けた場合はどうしましょう?
そんな時に有効になるのが強制執行(差し押さえ)です、相手になんらかの財産があればそれを裁判所に頼んで取り上げてもらい債権を回収することができます。
返してくれないからといって自分で勝手に財産を回収することはできません、そのため裁判所に許可を得て、裁判所から手続きを進めてもらう必要があるのです。

 

それでは差し押さえを実際に執行してもらいたい場合どのような条件が必要でしょうか、差し押さえに必要な条件は3つあります、まずは裁判所による判決書や裁判所で作成した和解調書や調停調書、そして公正証書といった書類が必要になります、中でも公正証書は裁判所を通さずに作成できます。まずはそれらの文書を発行して権利を証明する必要があります。そして相手の財産の情報も抑えなくてはいけません、なにもなければ差し押さえするものがないからです。
そして最終的に裁判所に差し押さえの申請を行います、とはいっても素人が一人で手続きするのは難しいため、専門的知識を持っていないとなかなか難しいでしょう。