※至急!強制退去になった場合《正しい対処法とは?》

※至急!強制退去になった場合《正しい対処法とは?》

※至急!強制退去になった場合《正しい対処法とは?》

賃貸の家賃の滞納などで、強制退去になった場合は、出ていかなければならないと思います。賃貸借契約において、借主が家賃を払わないのは、全くの契約違反です。ですから、そこに住まわせてもらう権利はないのです。賃貸借契約を違反することで、大家の信頼が全くなくなったのですから出ていくほかないでしょう。
強制退去の基準は、大家と借主の関係にあります。以前から何度も滞納している借主は、強制退去と言われたら、すぐに出て行かなくてはいけません。しかし、いつもはまじめに払っているが、急な都合で一か月だけ滞納した場合は強制退去の対象にはなりません。その事情が何かによりますが、まとめて、数か月後払える見込みがあるのなら、大家は待ってくれます。つまり、不真面目な借主はだめですが、まじめですが、事情があっての場合はゆるされたりします。でも、まじめに払っていたとして、払えない期間が長くなると、それはまた別の話になります。払えないと大家に見込まれたら、それは強制退去の対象となってしまいます。
つまり家賃が払える見込みがないのなら、強制退去は免れません。それは、普通の人ならば理解できることでしょう。住むところがないからという同情は、ある一定期間しか通用しません。払えないのら、安い賃貸に変わろうとするなどの行動が必要でしょう。