任意整理の任意売却について何が必要?※無料相談へ

任意整理の任意売却について何が必要?※無料相談へ

任意整理の任意売却について何が必要?※無料相談へ

借金などが、何らかの理由で支払いが不能になった場合に行われるのが債務整理です。債務整理にはいくつのかの種類があり、裁判所を通さない任意整理と、裁判所に申し立て認めてもらう個人再生、自己破産などがあります。特に裁判所を通す個人再生や自己破産などは大幅な借金の減免を受けることができますが、財産の多くを失うことになりまた官報に住所と氏名が掲載されるなどのペナルティを受けることになります。
任意整理は弁護士または司法書士に依頼して債権者と交渉してもらい債務の圧縮や減免を行うものです。原則としては、金利分の免除ですが、金利の再計算によっては借金の支払いが終了する場合があります。ただし任意整理は債権者の同意が必要になり、同意が得られないと行うことができません。

一方で、住宅ローンに関しては任意売却というものがあります。任意売却は住宅ローンが支払えなくなった場合に行われる債務整理のひとつで、ローンが残る住宅を売却して、その売却金で住宅ローンの残債を支払ったり、他の債務を支払って債務全体を圧縮または精算してしまうというものです。任意売却と呼ばれるポイントは、銀行など住宅ローンを組んださいには住宅には銀行などの抵当権が設定されており、勝手に売却することができないためです。そのため、売却する場合には銀行など住宅ローンの貸付先と話し合いを行い、合意した上で行う必要があります。なお、任意売却のメリットは、ローンの支払いが不能になった場合に行われる競売よりも高い値段での売却が期待できる点が挙げられます。