任意整理後のクレジットカードについて※知っておきたい事

任意整理後のクレジットカードについて※知っておきたい事

任意整理後のクレジットカードについて

任意整理は債権者との和解交渉によって、残った利息・債務を自らの力で稼いだ収入で分割弁済して、円満解決する手段です。
借金整理した後のダメージが一番少ないと言われる任意整理ですが、唯一避けて通れないのが信用情報機関への事故記録の掲載です。
いわゆるブラックリストですが、任意整理した場合は、下記の3つの機関のうちいずれかに個人情報・取引履歴の詳細、事故情報が載ります。

・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・株式会社CIC
・全国銀行個人信用情報センター

任意整理の場合は、最短5~7年間は記録掲載される事になり、この間に新しいクレジットカードの作成申込をしても十中八九断わられる事になります。
何故なら、クレジットカードの新規契約には、借りたお金をきちんと返す能力があるか、個人の職業・収入を重要視する為に入会審査が必要です。
入会審査において、クレジットカード会社が唯一個人情報を調査できる媒体が信用情報機関であり、過去に返済事故がある場合は、貸付の許可にどうしても慎重にならざるをえません。
任意整理を行った時は、リストから事故記録が消去される目安として、約5年は見ておきましょう。
一方で自己破産の場合は、最長10年にわたるリスト掲載になるため、任意整理によるペナルティーが軽微であるほうだと分かります。
任意整理後に新しくクレジットカードを作りたい場合は、整理して5年経過した後に、一度自分で信用情報機関に情報開示を求め、リストから事故情報が削除されている事を確認してから手続きをするのが望ましいです。