任意整理後の生活について※任意整理の前に

任意整理後の生活について※任意整理の前に

任意整理後の生活について※任意整理の前に

任意整理と自己破産の最大の違いは、自己破産では借金が棒引きになるのに対して、任意整理では借金をきちんと返していかなければならないという点です。
自己破産は財産のほとんどを手放す代わりに借金から解放されるという、いわば法律や公的機関の手を借りた個人の社会復帰手続きです。
一方で、任意整理は公的な機関の手を借りずに金融機関などの債権者と交渉して、将来分の金利などを放棄してもらい、返済額を返済可能な額にしてもらった上で返済を行っていくというものです。債権者も自己破産などをされると債権を回収できなくなるため、多少損をしてでも借金を返してもらうという方向で妥協するというわけです。
よって、任意整理後も借金の返済は続きます。任意整理が行われた時点で、すでに完済までをきちんと計算に入れた返済計画が出来上がっているはずですので、これに沿って真面目に返済を行うことになります。返済の期間はおおむね3年から5年といったところです。
またこれと同じくらいの期間は、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組むこともできません。任意整理は借金の減額ですので、やはり借金をしたときの約束を守れなかった人には、金融機関もなかなか融資はしてくれないということです。
毎月の返済は確かに大変ですが、自己破産をした場合は持ち家や車も失うことになり、世間にそれを知られてしまう可能性もあります。その点、任意整理ならば、毎月払える額で返済をするように計画が立てられるため、持ち家などを手放さず、世間にも知られずに借金を完済できます。任意整理前の生活を守りながら、借金をきちんと返すことができるのです。