任意整理とその方法について※迷っているなら無料相談

任意整理とその方法について※迷っているなら無料相談

任意整理とその方法について※迷っているなら無料相談

任意整理は債務整理の方法の1つですが、任意整理が可能な条件と言うのは、返済能力が残されている場合になります。
過払い請求を行い過剰利息を取戻し、取り戻した利息を借金返済に使う事で借金を減額します。
また、残りの債務と将来における利息は弁護士や司法書士などが債権者に交渉をして返済額を減額したり、利息を減らす事で返済を続けて行くことになります。

そのため、返済を行う事からも返済能力が必要となるのです。
仮に、返済能力が無い場合には任意整理での債務整理ではなく、自己破産などの方法で債務を整理していくことになるのです。

所で、過払い請求というのは、過去に支払い続けていた利息の内、本来支払う必要のない利息を取り戻す事を過払い請求と言います。
過払いは過剰利息で、利息制限法の上限金利を超える金利は過払いに値し、法律違反と言う形になることからも過払い請求を行う事で過剰利息を取り戻せるのです。

尚、過払い請求を行う場合には、過去の返済における履歴が必要になります。
これは取引履歴と呼ばれるもので、消費者金融などの貸金業者に対し、取引履歴の開示を求めることが必要になります。
また、取引履歴の開示が行われた後は、履歴に記載されている金利を利息制限法で定められている上限金利に置き直して再計算を行うのです。
この計算の事を引き直し計算と呼び、過剰利息を計算して、それを債権者に対して請求を行うのが過払い請求と言うものなのです。