任意整理の手続き/流れ/期間※任意整理の前に

任意整理の手続き/流れ/期間※任意整理の前に

任意整理の手続き/流れ/期間

借金問題を解決する方法として挙げられているのが、任意整理です。
主に、弁護士や司法書士に依頼して行ってもらうのですが、どのような流れになっているのでしょうか。

 

まず、借金で悩んでいる人が、弁護士や司法書士の事務所に行って依頼をします。
この際、弁護士や司法書士からは、任意整理のデメリット、手続きの流れ、そして費用などについて説明があります。

 

これに依頼者が納得すれば、弁護士や司法書士は債権者(お金を貸している人)に対して受任通知という書類を送ります。
受任通知が届いた時点で、債権者が借金の取立てをすることは出来なくなります。

 

次に行うことは、債権者から取引履歴を開示することです。
貸金業者などはなかなか応じてくれないこともあります。
何とか取引履歴を取り寄せたら、今度は引きなおし計算を行います。

 

引きなおし計算をした上で、債権者との和解交渉にのぞみます。
具体的な交渉内容としては、利息をカットしてくれれば分割で支払いをするというものです。

 

それで債権者が納得すれば、交渉成立です。
成立をしたら、すぐに和解契約を締結します。
しっかりと和解書を作成してくれます。

 

もちろん、これで完了ではありません。
和解所には、借金の支払い開始日が記載されておりますので、その日からは改めて借金を返済して行きましょう。