任意整理の相談※債務整理の種類や特徴は無料相談

任意整理の相談※債務整理の種類や特徴は無料相談

任意整理の相談※債務整理の種類や特徴は無料相談

任意整理は貸金業者などの債権者と司法書士や弁護士が交渉を行い、債務を減額して将来の利息をなくし、残金を3年から5年で返済するものです。これは裁判所を通さずに行えます。債務の減額は債権者にとって不利になりますが、返済できずに破産されると債権者の損失も大きくなることから、任意整理による減額が受け入れられます。金額が大きければ難しくなりますが、そのようなケースでは弁護士などが他の債務整理を勧めます。
過払い請求は債権者が取りすぎた利息分について返還を求めるものです。以前は利息制限法の上限金利が15%から20%であるのに対し、出資法では29.2%になっており、利息制限法を違反しても罰則がありませんでした。そのため、この2つの間の金利が設定されることが多かったですが、現在は出資法が改正されて上限が20%になり、過去の借り入れに関しても超過分は過払い請求が認められるようになっています。
この過払い請求は行うタイミングも重要です。完済した債務に対するものであれば問題ありませんが、返済中の債務に対して行い、残高が0にならなかった場合、個人信用情報機関のブラックリストに登録され、5年から7年間はカードやローンの利用に影響します。残高が0になる場合でも手続きが終わるまでは一時的に登録されます。請求権が最後の返済から10年間でなくなることや、倒産した場合に取り返せなくなることにも注意します。
過払いがある債務を圧縮する場合、どちらが適しているか弁護士などに相談します。明らかに残高を超える過払いがある場合、任意整理よりも過払い請求の方が適切です。