※至急!債権譲渡譲受通知書がきた!《正しい対処法》

※至急!債権譲渡譲受通知書がきた!《正しい対処法》

※至急!債権譲渡譲受通知書がきた!《正しい対処法》

債権譲渡譲受通知書とは?

お金を貸している人(=つまり返してもらう権利のある人)を債権者
返してもらう権利のことを債権
お金を借りている人(=つまり返す義務のある人)を債務者

 

【例】 あなたがA社から借金をする
A社が、B社にその債権を譲渡する→あなたはB社に借金を返す事になります。

 

一般的に、債権を譲受した側は、必ず債権を取り戻したいため
かなり厳しく取立をするケースが頻繁に見受けられます。

 

債権常渡譲受通知とは、「債権者が変わりましたよ」という報告だけではなく、「これから厳しく返済してもらうからね」というケースが多いです。

 

債権譲渡譲受通知書が送られてきた場合

安易にその人にコンタクトを取らないで、まず弁護士などの法律の専門家に法律相談をしたほうがいいと言えます。