債務整理で弁護士に依頼する場合の費用について知りたい

債務整理で弁護士に依頼する場合の費用について知りたい

債務整理で弁護士に依頼する場合の費用について知りたい

債務整理とは、借金で困っている人を守るための解決方法です。お金を借りたら返すのは当たり前ですが、人生はいつ、どんなことが待ち構えているか分かりません。今まで順調だった会社の業績が悪化したり、リストラにあったり、病気になったりするかもしれません。そんなとき、借りたお金を返したくても返せなくなってしまうことがあります。こういう場合には、迷わず債務整理をしましょう。

債務整理とは、大きく分けて任意整理と民事再生と自己破産の3つの種類があります。これら3つの種類は、どれも借金を減額したり、帳消しにしたりするものですが、少々違いがあります。まず任意整理と民事再生ですが、この2つの種類は似ていますが、裁判所が関与してくるかどうかの違いがあります。
任意整理は、弁護士などが代理人となって、消費者金融などの債権者と交渉し、借金や毎月の返済額を減額請求するものです。一方の民事再生は、借金の返済が困難であることを裁判所に認めてもらいます。そして裁判所で借金の減額を決定してもらい、返済していきます。一般的におよそ5分の1から10分の1まで減額されます。

これら二つとかなり違いがあるのが、自己破産です。自己破産をすれば、任意整理と民事再生と違い、借金が0になります。しかし、裁判所から破産の決定を受けた時点で、借金が0になるかわりに、一般的に生活するために必要なもの以外の自分の財産を失います。
債務整理とは、借金で困っている人を助けてくれるものです。困ったときは、弁護士などに相談するといいです。