債務整理の費用はいくらくらい?※相談して新しいスタート

債務整理の費用はいくらくらい?※相談して新しいスタート

債務整理の費用はいくらくらい?※相談して新しいスタート

債務整理とは、法律で保護された適正な手続きです。

 

世の中には借金が返せずに困っている人も少なくありません。
そんな、借金の返済苦からの救済手段として設けられたものが債務整理なのです。
種類の違いを把握して状況にあった方法を選びましょう。

 

まずは自分の返済額を知ることが大事!

早速シュミレーターを使って無料診断をしましょう

 

債務整理の種類

債務整理には、全部で4つの種類があります。

  1. 任意整理

  2. 民事再生
  3. 特定調停
  4. 自己破産

の4種類です。
どの種類が適しているか、また費用がどれくらい掛かるかは、
その人自身が置かれている状況によって違いがあります。

 

任意整理の場合

任意整理の場合は、他の手段と違い、裁判所を通す必要がないので比較的簡単な手続きだけでできます。
申し込みをすれば、金融機関から返済の催促の電話や連絡が来なくなるので、精神的にも少しは楽になります。
過払い金がある場合には返してもらうこともできます。

 

任意整理の費用

1社あたり約3万~5万円
 +着手金・成功報酬等

 

民事再生の場合

民事再生の場合は、利息を減らすことができ、不動産などを所有していた場合でも差し押さえを受けずに済みます。
借金の額が最低100万円以上で、住宅ローンの返済が5000万円以上ある場合には、個人再生を利用できないなどの制約が設けられています。
地方裁判所に必要書類を提出することで申し立てができます。

 

民事再生の費用

弁護士に依頼する場合:約40万円~80万円
司法書士に依頼する場合:約25万円~30万円

 

特定調停の場合

特定調停の場合は、個人で裁判所に出向いて手続きをします。
掛かる費用が安く済みますが、債権者は複数いる場合には個々の対応が必要なので時間が掛かります。
減額も可能ですが、返済期間はしっかり守らないといけません。

 

特定調停の費用

自分で行う場合:約5千円~
弁護士に依頼する場合:約10万円~30万円
司法書士に依頼する場合:約5万円~20万円

 

自己破産の場合

自己破産の場合は、借金が全額免除されます。現在持っている財産は住宅や車を含めて手放すことになります。
士業や役員に携わっている時は、その資格を失うことになります。

 

 

自己破産の費用

自分で行う場合:約5万円~
弁護士に依頼する場合:約30万円~
司法書士に依頼する場合:約20万円~