債務整理したら連帯保証人は?※借金で困っている方

債務整理したら連帯保証人は?※借金で困っている方

債務整理したら連帯保証人は?※借金で困っている方

自己破産は高額な払いきれない借金がある人の最後の再起手段です。破産法で決められており、法的に有効な制度です。預金は20万円以下なら持ってもいいことになっています。さらに数ヶ月の生活に必要な金額百万円未満なら差し押さえられることはありません。家族が連帯保証人になっていない場合は家族に迷惑はかかりません。自己破産をすると本人が就ける職業には規制があります。それからローンやクレジットは7年間ぐらいはできなくなります。家族は自由にできます。また破産者の子どもの結婚や進学や就職に影響を及ぼすこともありません。いわゆるブラックリストに載りローンやクレジットが利用できなくなるのは、破産者本人だけなのです。しかし金融機関によっては家族に自己破産者がいる場合に各種ローンや融資を実行しないことがあるらしいです。そして破産者の財産である持ち家や高級な自動車等は差し押さえの対象となるので、家族に全く影響が無いというわけではないようです。要するに家族が連帯保証人になっていない場合、直接的に影響があることはほとんどないです。まして子どもに影響が及ぶことはないです。なお妻が連帯保証人の場合、離婚しても妻に請求が行きますので注意が必要です。そして自分ひとり内密に破産することは実質的に難しいでしょう。家族と相談するのが必要でしょう。自己破産はたてまえとして周囲に影響はかからないですが、実際は全くかからないというわけではないようです。