債務整理の種類《任意整理・特定調停・個人再生・自己破産》

債務整理の種類《任意整理・特定調停・個人再生・自己破産》

債務整理方法の違い《自己破産・個人再生・任意整理・特定調停》

今回は債務整理についてご説明します。

 

債務整理方法は全部で4つあり、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産となります。
その中からどれを使用して借金を整理していくかは、
債務の状況によって変わり、軽い状態であれば任意整理、次いで特定調停、次いで個人再生、
そして困窮度が非常に高い際は自己破産となります。

 

では、それぞれの債務整理の違いを簡単にご説明します。

 

任意整理

まず、一番整理しやすい任意整理です。
任意整理の一番の特徴は、話し合いでの解決を目指す方法ということです。
他の債務整理と比較して、借金の総額が少ない場合でしか行うことができませんが、
裁判所を介さずに借金整理をすることができます。

 

特定調停

債権者と債務者の間に簡易裁判所が入り、借金の額やその支払方法を話し合う方法です。
ですが、個人再生や自己破産と比べれば行いやすい債務整理の方法ではありますので、
裁判所を利用した任意整理と思っていただいてもかまいません。

 

個人再生

特定調停が”支払不能になる恐れのある債務者”のために行う方法であるのに対し、
個人再生は”一定の収入を得る見込みのある債務者”のための方法です。
自己破産と違い資産を手放さなくて良いといったメリットがあります。

 

自己破産

今までの3つの方法は、債務整理をしても借金が残りました。
自己破産では全額免責となります。
ですが持っている財産を全て金銭に変えて返済するデメリットがあります。

 

以上が債務整理方法の簡単な違いとなります。

 

あなたに合った債務整理方法はどれ?

 

質問に答えていくと、あなたに合った債務整理方法を提案してくれます。