債務整理については相談窓口で早期解決!※無料相談

債務整理については相談窓口で早期解決!※無料相談

債務整理については相談窓口で早期解決!※無料相談

借金の返済が困難になった場合、債務整理という法的な救済措置があります。債務整理には任意整理、民事再生、そして自己破産の3種類があり、借金を軽減することができたり、借金を完全にゼロにしたりすることができます。この3種類のうちどれを選ぶかによって、その後の生活に大きな影響を与えるので、その中身をよく理解した上で選択することが大切です。

まず任意整理とは、金利をカットし,元本のみを返済していく方法をいいます。返済の目途は3年程度で、貸金業者とその旨の和解を結びます。返済額が大幅に減額されるわけではありませんが、自己破産や民事再生のデメリットを避けることができます。民事再生は、自己破産のように住宅などを手放す必要がなく、借金を大幅に減額することができる方法をいいます。減額の程度は、借金の額や保有資産によって決まります。返済は原則3年間程度で返済する必要があります。そして、自己破産は原則として、借金を全額支払う必要がなくなります。しかし、20万円以上の財産(現金は99万円を超える資産)はすべて処分されます。

これらの債務整理を自分で行うことは現実的に難しいので、弁護士や司法書士などの専門家の力を借りる必要があります。費用に関しては、相談は無料の場合が多いですので、まずは相談してみましょう。その後、費用を明確に提示してもらいます。ネットで債務整理にかかる費用を比較できるサイトもありますので、参考にしてみると良いでしょう。