差し押さえ調書が来た場合、どうしたらいいの?~解決方法~

差し押さえ調書が来た場合、どうしたらいいの?~解決方法~

差し押さえ調書が来た場合、どうしたらいいの?~解決方法~

差押調書とは個人が税金等を滞納したりしていると、国税徴収法に基づいて作成される書類です。
国税徴収法とは主に税の滞納処分と強制執行等の手続きに関する法律で国民年金法、地方税法など国民年金法、地方税法など国民年金保険料や市民税
といった基本的には税金など滞納した時に最終的に送られてくる謄本とまります。

 

差押調書は国税徴収法の第54条に滞納者の財産を差押えた場合には差押調書の作成しなければならない、またその差押える財産が動産(宝石やバック等)
または有価証券、債権等だった場合には滞納者に対して謄本を交付する事が義務付けられている。

 

基本的に差押調書が届く以前には市役所などから督促状や催告書など通知がなされるが、それを無視していると払う意思無がなく悪質な滞納者とみなされ
差押がなされてしまいます。

 

という感じに差押調書が届く以前に勧告など通知が来ていたはずでそれに対してきちんとした対応を取っていれば差押えを受けなかったわけなのですが、
しかしもうすでに差押調書が届いてしまい、すぐにでも差押さえを解除したいと考えている方に国民税徴収法第79条があります。
これに書かれている「差し押さえに係る高税の全額が消滅したこと」とは、滞納者が滞納している税金を全額支払えば差押を解除できるという事で、また
財産等の一部についても差し押さえを解除する事ができると記載されています。