差し押さえを解除する方法ってある?※差し押さえで困ったら

差し押さえを解除する方法ってある?※差し押さえで困ったら

差し押さえを解除する方法ってある?※差し押さえで困ったら

差し押さえとは?

差し押さえとは債務者がキャッシングやローンを滞納した場合に会社の再三の催促を無視して支払う行動を起こさなかった場合に強制執行をする方法であり、給料や銀行口座を差し押さえして債権回収をする方法です。

 

差し押さえされてしまうもの

  • 給料差し押さえ
  • 口座差し押さえ
  • 不動産差し押さえ
  • 車差し押さえ
  • 債権差し押さえ

強制執行をするためには裁判所の許可が必要です。

 

まず、支払督促が届きます。
それを無視すると、仮執行宣言付支払督促が届きます。

 

その後、差し押さえがされます。

 

差し押さえされてしまったらすべきこと

差し押さえ後は、債務整理をすることで差し押さえを止めることができます。

※しかし税金の差し押さえの場合は債務整理で解決できません


債務整理にはいくつか種類がありますが、差し押さえされてしまった場合の対処方法は、自己破産か個人再生しかありません。


自己破産

借金を帳消し=¥0にする代わりに、現金や不動産等、財産に制限が出てきてしまいます。
⇒自己破産について詳しくみる


個人再生

借金を一度すべて洗い出し、減額・返済期間などを変更する手続きです。
⇒個人再生について詳しくみる


ただし、差し押さえされた後に債務整理をしても、差し押さえされてしまったものは取り返せないのが一般的です。


どちらを選択するべきか迷ったら…

あなたに合った債務整理方法はどれ?


⇒無料相談ができる弁護士事務所

強制執行をするためには裁判所の許可を受けてから債務者の銀行口座の情報を調査する必要があり、見当たらない場合には失敗するリスクが高いです。
銀行口座にお金が入金されていない場合には債権回収を行えないために、他の方法を考えて対処する必要があります。
差し押さえをするには債務者に情報を知らせる必要があり、情報を知らせてからすることが重要です。
銀行口座の情報は裁判所の許可書がなければ開示してもらえないために、許可書を持参して目的を正しく伝えるようにする必要があります。
債権回収をするためには金額が多ければ失敗をするとかかった人件費などが無駄になるために慎重に行う必要があり、債務者の状況を調べてから対処方法を考える必要があります。
差し押さえをするには裁判所の許可を得てからする必要があり、銀行口座を的確に探す方法が求められます。