差し押さえ命令が来た場合の対処法 ※誰でもわかる解決方法

差し押さえ命令が来た場合の対処法 ※誰でもわかる解決方法

差し押さえ命令が来た場合の対処法 ※誰でもわかる解決方法

差押(強制執行)の命令が来た場合、やはり皆さん心中穏やかではいられず、どうしても慌ててしまいますよね。

 

差し押さえ命令はいきなり施行されるわけではない!

しかし、この命令とはある日突然通達され、そのまま急に執行されるものではなく、それまでにある程度のアクションが裁判所を通じて先方から発されるはずです。
最悪の事態を招かないためにも、その当初の動きがあった時点で応急でも良いですから何らかの処置をしておくことが必要です。

 

差押命令が施行されてしまったら…

差押命令が通達されてから、実のところ1週間は猶予が存在します。この期間を上手く利用して差押を最小限に留めるべく奔走するよう心がけましょう。
もちろん、素人がただ頭を悩ませているだけでは、なかなか解決には結びつきませんから、専門家の力を借りることも大切です。
いずれにしても、命令が来たのち1週間が経過すると、債権者にとっては今まである種の「枷」であった裁判所を介さずに直接差押を執行することができます。

 

決してやってはいけないこと

ですから、間違っても届いた命令を無視したり、放置するなどしてはいけません。適切に早め早めの対応を心がけましょう。
もし差押が執行された場合も、衣服や寝具、食料などに代表される一般の差押禁止財産というものが存在しますから、差押を行う側に違法性がないかどうかを注意することも大切です。