※至急!連帯保証人として支払い命令が来た!《正しい対処法》

※至急!連帯保証人として支払い命令が来た!《正しい対処法》

※至急!連帯保証人として支払い命令が来た!《正しい対処法》

連帯保証人とは?

連帯保証人は、誰かがお金を借りたり不動産を借りる際に必要になってくる「保証」

「債務者(借金をしている人)が返金(支払い)できなければ、私が代わりに負担します」という約束です。

 

なので、知人や友人の連帯保証人になってしまった時、状況によっては連帯保証人になった方に支払い命令が下される場合もあります。

 

保証人と連帯保証人の違い

一見、同じようなものだと思い込んでいる方も多いのですが、ハッキリとした違いがあります。

保証人

債務者(借金をしている人)に支払い能力がある限り、支払いを拒否できます。

連帯保証人

債務者(借金をしている人)に支払い能力があるかないか関係なく、支払い義務が生じます。

 

連帯保証人としての支払いが出来ない場合は?

債務者が借金の返済ができなくなってしまった時には、代わりに返済の義務が生じてくるのですが、経済状況によっては借金を払うことができない場合もあります。

 

このような場合については、債務整理を行う必要が出てきます。

債務整理で最も大事なのは自分に合った債務整理方法を選ぶことです。
あなたに合った債務整理方法はどれ?

※匿名・無料で診断出来ます!

⇒無料シミュレーターはこちらから

 

債務整理について
自己破産

借金全額を帳消しにすることができます。
※その代わりデメリットが大きいです

個人再生

借金を大幅に減額することができます。
※デメリットもあります

任意整理

借金を減額することができます。
※デメリットは少ないです。

 

など、それぞれの方の状況によって最適な方法も変わってくることになります。

 

借金の額が多い場合や分割であっても払うことができない=全く返済能力がない場合には、自己破産を行うことが一番有効になります。しかし、その分デメリットが大きいです。

 

仕事を持っているなどで一定の収入が入ってくる場合には、債権者と話し合いをして借金を一括ではなく分割払いにして返済する個人再生や任意整理など、借金をある程度整理した形の債務整理を選んでみるとよいでしょう。

 

連帯保証人としての支払いが不可能な場合の正しい対処法

借金を楽に返済出来る人以外は、専門家に相談することをおすすめします。
※どの債務整理の手続きを行うにしても自分ですべてやるのはかなり難しいです。

 

専門的な知識を持つ弁護士に依頼して、債務整理の手続きを行ってみるとよいでしょう。
無料相談を利用してみましょう!
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ