学生でも自己破産はできるの?※初心者向け自己破産ガイド

学生でも自己破産はできるの?※初心者向け自己破産ガイド

学生でも自己破産はできるの?※初心者向け自己破産ガイド

まずはじめに。
結論からいうと、学生でも自己破産は出来ます

 

学生が自己破産する際に、注意するべき事=自己破産に失敗しない事

 

自己破産に失敗すると…
期間が長引く・破産管財人が入る(弁護士を雇わなければならない)→50万程の費用がかかります!

 

ただでさえ心細いのに「失敗」なんて不安をあおってしまったかもしれませんが、失敗しないためには、最初から借金問題のプロである弁護士に頼むことが短期間・低コストで解決する最善策!!

 

学生だからといって、弁護士が相手にしてくれないなんてことはありません。

 

それに、学校を考慮した時間に相談や連絡をするように配慮もしてくれます。

 

また、希望があれば、郵便物も局留めなどにしてくれるので親にも内緒で債務整理出来ます。

 

《実際に依頼した場合》
  • 【即日対応】
  • 取り立てなどをすぐにストップさせてくれます。

  • 初期費用0円
  • 手持ちのお金がなくても大丈夫

  • 分割払い・後払い可能
  • 費用は払える範囲の額にして支払う事が出来ます。

 

まずは無料相談!=損はしない!

 

実際に依頼するまでは、無料で相談に乗ってもらえる事務所があるのでまずは相談してみることをオススメします。

 

債務整理は自己破産以外にも種類があるので、最適な解決方法や手順、期間、費用の目安など教えてくれます。


⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

依頼するまでは何度でも無料で相談に乗ってくれます。なので、わからないことは全部聞いちゃいましょう!
まずは相談。その一歩から始めましょう。

 

詳しい弁護士事務所の選び方はこちら

学生でも自己破産できるのか?

大学生や専門学生などの学生が借金を返せなくなったときに自己破産は出来るのでしょうか?結論から言うと学生でも自己破産は出来ます。

 

※ちなみに、学生時代の奨学金が返せなくなって自己破産をしようと思っている方もいるかも知れませんが、自己破産して免責がおりると奨学金も返す必要がなくなります。

 

自己破産が出来るか出来ないか?は、借金の理由が重視される

学生が自己破産するほどの借金をする理由として一番考えられるのが浪費です。
ほとんどの大学や専門学校に通っている学生は親から何らかの援助を受けている場合が多いです。

 

そうなると生活に困って借金をするというケースはめったにありません。
浪費での借金は自己破産の免責が下りずらいと言われています。

 

免責がおりるケース

自己破産の免責がおりるのは家賃や公共料金の支払いや病気やケガなどの入院費などの生活していくためにどうしてもお金が必要で作った借金に限られていると言われています。

免責がおりずらいケース

パチスロ、パチンコ、競馬、競輪などのギャンブルにはまってしまいキャッシングやカードローンを利用して借金を作った場合 ※例外あり

 

自己破産の免責がおりるかどうかは裁判官の裁量

浪費が借金の原因だからといって絶対に免責がおりないわけではありません。
借金を作った原因が資格試験の勉強でストレスが溜まりギャンブルに手を出してしまったという理由なら浪費だけが原因だとは言い切れません。

 

この辺は裁判官の裁量になるので絶対とは言えませんが本人に借金を作ってしまったやむにやまれない事情があれば浪費でも自己破産できる場合があります。

 

まずは弁護士事務所に相談してみましょう。借金問題のプロならいい解決方法を一緒に探してくれます。
学生でも相談しやすい無料相談を受け付けている事務所があります。(下記参照)

債務整理とは、いわば借金を整理することです。日本国内でも借金に悩まされている方は多く、その中には学生も含まれています。そのため、学生の中でも債務整理について知りたい、という方は、意外と多いのではないでしょうか。

 

何かとお金が必要な学生時代だからこそ、この債務整理について知っておくことは決して無駄にはならないはずです。では、学生でも債務整理は出来るのでしょうか。

 

結論から言うと、学生でも債務整理をすることは可能です。

 

例えば、任意整理です。任意整理とは、自分が相手の了承を取ることで、借金の免除、減額をしてもらうことを指します。ただし、これをするには継続した収入が必要になります。もしもその収入がないときには、その収入源を見つけなくてはなりません。

 

次に最終手段である自己破産ですが、これも学生が申請することも可能です。
ただし、いくつか条件があります。

 

借金の原因がギャンブルなどではないこと。
債務を支払うことができない
継続的な収入もない

 

など、自己破産をするにはいくつかの条件を満たさなくてはなりません。
学生でも債務整理をすることも可能ですが、できればそのような状況に陥らないように注意しましょう。もう手遅れ、という時にだけ、このような方法を取りましょう"