借金踏み倒しを考えるについて※~自己破産後の生活~

借金踏み倒しを考えるについて※~自己破産後の生活~

借金踏み倒しを考えるについて※~自己破産後の生活~

みなさんは現在借入金、つまりは借金を返済中ではありませんでしょうか。カードローン、キャッシング、住宅ローンなどさまざまな借金がありますが、それらをきちんと毎月返済を行っていますでしょうか。確かに毎月の給料から返済分がなくなれば、それだけ自分が使える分が増えるので一見生活は豊かになります。しかしながら、そのような借金の踏み倒しは後々とても危険な事態に陥りますので必ず毎月きちんと返済しましょう。
踏み倒しはそれをしてしまうとその月は元本は1円も減りません。そして、契約によって毎月金利は返済必要額に対して加算されていきますので、結局これまでの利息の付き方よりもハイペースで加算されていくことになります。踏み倒しは、借金の額を増やしてしまうのです。ですから、お金がないからと言って金融機関からの督促を無視し、その状態を何か月も続けてしまうとどんどん返済額が膨らんでしまうわけです。そのうち収入が入るようになったから返済を再開したとしても、その時には以前と同じ金額を返済してもそれが利息分のみで全額消費されてしまい、結局元本が1円も減っていないという事態にもなってしまう可能性があるのです。つまし、それは現状の毎月返済額だと一生かかっても返済しきれないということを意味します。
このように、借金の踏み倒しは危険な行為ですので行ってはいけません。将来の生活の危険を避けるためにも、必ず毎月決められた額を返済できるように準備を怠らないようにしましょう。