借金の取立のトラブル※自己破産が本当に正しい手段?

借金の取立のトラブル※自己破産が本当に正しい手段?

借金の取立のトラブル※自己破産が本当に正しい手段?

借金で首が回らなくなって、取立の電話が毎日のようにかかってくるので仕事も手につかない、という人もいることでしょう。

 

自転車操業を続けるうちにどうにもならなくなるケースは典型的な多重債務のパターンです。

 

債務整理を依頼すると取立をストップできる

借金がもう返せなくなったと思ったらなるべく早めに専門家に依頼をして取立てを止める方が得策です。

 

借金返済をせずに放っておくと…

返済できずに電話にも出ず、郵便物も開けずに滞納を続けていると、最悪の場合は債権者から訴訟を起こされて給料の一部を差し押さえられたりすることもあるからです。

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼した後の流れ

取立を止めてくれる

もし、弁護士や司法書士などの専門家に頼んだ場合、委任をして即、受任通知を出してもらえば取立を止めることができます。

 

借金総額や返済履歴の計算

そして債権者から今までの借り入れ、返済の履歴をすべて取り寄せて専門のソフトを使って計算をしてくれます。

 

過払い請求※ある場合

計算した結果利息の払い過ぎなどになっていれば過払い金返還請求手続きをしてもらってお金が戻ってくることもあります。

 

ですから、取立から逃れたいために逃げ回っていることはただ単に遅延利息を増やしているだけで何も意味がないと思った方が良いでしょう。

 

債務整理方法の検討

専門家であれば、債務者の借金の状況と経済状態を分析して返済するのが良いのか、破産や個人再生など他の手続きをするのが良いのかを判断してくれます。

 

債務整理の手続き

借金をいったん止めることで冷静になって法的に適正な手続きをし、誰にはばかることもなく再スタートを切ることができることになれば、それが債務者にとっては一番良い状態なのではないでしょうか。